やってはいけないダイレクトメールの対策と処理方法

パソコンや携帯などに様々な企業から宣伝のためのダイレクトメールが来ることは最近では誰しもが覚えのある日常的なことでしょう。しかしこういったダイレクトメールの中には実は非常に危険なものも潜んでいることがあるため注意が必要です。ダイレクトメールには企業の広告だけでなく、個人情報などを抜き取るためのウイルスなどが仕込まれているメールが存在している場合があるのです。万が一ウイルスが仕込まれているメールの添付ファイルを開いたり、URLなどをクリックしてしまったりした場合ウイルスに感染し、個人情報などを抜き取られてしまうことがあるのです。また場合によってはこうしたウイルスが仕込まれたメールを開封するだけでもウイルスに感染してしまうこともあるので迂闊にダイレクトメールの確認を行うことさえも控えなければならないといっても過言ではないのです。

やってはいけないダイレクトメールの対処方法とは

ダイレクトメールが来るとメールボックスが埋まってしまい見ることが面倒と感じることでしょう。一般的に違法性のない企業の広告メールであれば、配信を停止するためのURLがメールに記載されていることも多いです。ダイレクトメールの配信を停止すればダイレクトメールが減少すると考え配信停止の手続きを行おうとする人もいます。しかし配信停止の手続きを行うのは非常に危険です。配信を停止するためのURLに接続した瞬間にウイルスにより個人情報を抜き取られてしまう可能性もあります。有名な企業からのダイレクトメールであったとしても、実は有名企業を名乗る別の違法性のある企業という可能性もあるため、送信元が知っている企業であったとしても気軽にURLをクリックしてしまうことは避けなければなりません。

ダイレクトメールの対処方法とは

ダイレクトメールは配信停止作業を行おうとすると、URLなどをクリックしなければならず、ウイルスに感染させられてしまう可能性もあるため開封することは非常に危険です。そのためダイレクトメールを撃退したい場合は、未開封のまま受信を拒否することが大切です。大抵の場合は受信したメールをアドレスで拒否することが可能です。最近ではSNSのダイレクトメール機能を使った迷惑メールも増加しています。こうしたSNSのダイレクトメールもパソコンや携帯へのダイレクトメール同様気軽に返信してはいけません。SNSのダイレクトメールは設定によって誰からのメールでも受信できたり、一部の交流のある人からしか送れないという設定を行うこともできるため、設定等を変更し、誰からでもメールを受け取ることができない状況を作ることが大切であるといえます。