ダイレクトメールで知っておきたい注意点

DMと呼ばれることもあるダイレクトメールですが、便利な反面怖いトラブルに巻き込まれてしまうケースもあります。特に悪質な業者というのは、文面上はしっかりとしているように見せかけているので、全部のダイレクトメールを見ていると被害に遭ってしまうこともあります。主にダイレクトメールが送付される用途としては、会員登録をしているブランドや店舗の広告メールが主でしょう。企業なども顧客向けにダイレクトメールを送ることはありますが、一般的な生活をしている主婦などが目にするダイレクトメールは広告メールがほとんどです。そのため、その様な主婦を狙った手口として、会員登録をしていない有名な店舗などを装った手法が挙げられます。自分が会員登録をしていないことに気が付かずリンクを踏んでしまうと、個人情報が盗まれるとトラブルにも発展してしまいます。

ダイレクトメールが配信されるメリット

悪質な業者がダイレクトメールを使用していることもありますが、それを除けばダイレクトメールというのは多くの方にとって有益な広告媒体なのです。主婦的な目線で見れば会員登録しているスーパーなどから割引情報があれば、ちょっとした隙間時間にお得な買い物が出来るとうれしい事でしょう。新聞の広告チラシなどには掲載されている情報以外のセール品がダイレクトメールには書かれていることや、会員登録時限定の割引サービスがあるなどのメリットがあります。店舗側としても必要な情報を必要な方だけに送れるとして、ダイレクトメールは重宝していることがほとんどです。通常割引をしすぎると経営にも負担になってきますが、会員登録をしている顧客ならば2回目3回目の継続した店舗利用をしてくれることが望めますので、双方にとってメリットがあります。

ダイレクトメールは配信停止も可能

もちろんダイレクトメールはセール品の紹介メールを送ってくれますが、送付内容はそれだけではないことがあります。特に洋服などファッションブランドのダイレクトメールなどでは流行りのコーデを紹介するメールなども配信されることがあります。このような情報というのは必要な人と必要ではない人がはっきりと分かれます。そのため、ニュースだけのメールを送信されないようにダイレクトメールの送付設定することもできます。このようにメールの内容によって自分が必要としている事だけを受け取ることが出来るのもダイレクトメールの魅力となります。しかし、会員登録をした店舗やブランドによってはメールの個別設定などが出来ないところもありますので、しっかりとそのあたりは事前に確認しておくと安心できるでしょう。