抑えておくべきダイレクトメールの対処法

日々の生活の中でスマートフォンやパソコンを使ってインターネットを利用していると、よく目にすることのあるダイレクトメールです。ダイレクトメールの内容が、知っているお店や企業などからのキャンペーンの案内などの場合は、それほど問題はないですが、相手が見知らぬ名前で、内容も怪しげなサイトに関する広告や勧誘の通知が届くととても不安になってしまいます。このようなダイレクトメールを迷惑メールと言われる場合もあります。また、このような迷惑なダイレクトメールが一度だけ届くくらいならいいですが、それから何度も定期的に届いたりするとうっとうしいですし、困ってしまいます。そもそも、何故迷惑メールが届いてしまうのでしょうか。そんな怖いダイレクトメールが届いた時の注意点や、対処法について紹介します。

怖いダイレクトメールが送られてくる理由

近年、インターネットの普及により、ダイレクトメールを送るためのメールアドレスを収集されやすくなっています。そして、それは以前と比べると更に確実にメールアドレスが収得できるように迷惑メールの送信業者が目を光らせているのです。インターネットサイトなどにメールアドレスを登録する機会があるかと思いますが、そんな利用者が掲載したメールアドレスを集めたり、わざわざメールアドレスを登録させるための「おとり」のサイトを作成したりと、様々な手法で狙ってきます。これら集められたメールアドレスは、迷惑メール業者によってリストアップされ、そのリストにより迷惑メールが送信されてしまうのです。では、このような迷惑メールにあたるダイレクトメールが送られてこないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

怖いダイレクトメールへの対処法について

対処法としては、ひとつにメールアドレスを難しくすることが挙げられます。短くて分かりやすいメールアドレスは狙いやすいです。また、安易に応募やアンケートに応えるようなサイトでメールアドレスを登録してしまったり、SNSのアカウントをメールアドレスにしたりするのも収集されやすくなってしまうので注意して下さい。ですので、むやみやたらに登録や応募などをしないことや、サイトでメールアドレスなどを公表しないように心がけましょう。合わせてメールアドレスも長いものに設定することをおすすめします。そして、怪しいダイレクトメールを受け取ってしまった場合は、そこに載っているURLへアクセスしたり、返信しないようにしましょう。何度も送られてくるような場合は、ブロックをする機能があるので設定したり、迷惑メールを申告する窓口もあるので連絡してみましょう。